2014年10月02日

2014年09月24日

2014年09月18日

2014年09月03日

9月1日例会

国際ロータリー委嘱
DSC05495.JPG

月初会長スピーチ
DSC05492.JPG

村上勝也会員入会スピーチ
DSC05496.JPG
posted by minami at 16:13| 例会報告

2014年07月10日

7月7日の例会

DSC05342.JPG

DSC05344.JPG

団秀和会長のご挨拶

DSC05345.JPG

・私のロータリー歴
 98-99年度 15年前、42歳のときに入会し、00-01年度に広報会報委員長を務めました。07-08年度の中右会長のとき、幹事を務め、12-13年度に、副会長予定者が退会のため、急遽、副会長に、そして、本年度、会長を務めます。
 会長を務めるのが「奉仕」だと思いますので、お声がかかりましたら、宜しくお願いします。
・私にとってRCはファミリーです。
 まず、本会には41歳から82歳まで幅広い会員がいますので、人生の先輩の姿を見て、将来の自分の姿を想像し、「今」何をすべきか考えることができる場となっています。
 次に、会社の継続的な繁栄のためには、自分も変わらなければなりませんが、本会は、有能な魅力ある友人と出会い、自分が成長できる場となっています。
 そして、仕事のことを忘れて、ホッとできる場にもなっています。
・我がクラブの現状分析
 本会は41歳から82歳で構成されており、平均年齢は59歳とバランス良く分布しています。
 ところで、皆さんは、会員のことをどのくらいご存じでしょうか?会員同士、知っているようであまり知らないのではないでしょうか。
 私が、会員の方と親しくなったのは、例えば、委員会事業に参加して、移動にバスを使ったときのミニバスツアーであったり、少人数の会食での卓話会であったり、地区大会での過酷な委員会事業でした。
・今年のテーマ
 以上を踏まえ、41歳から82歳が共通にできることを考えようと、今年度のテーマは、
「見つめよう 我がクラブ」
 基本方針は、
「世代を超えた 輝きを!」
としました。また、方針は、
「我が神戸南ロータリークラブは40歳から82歳の会員でバランスよく構成されている元気で個性的なクラブである。
また15年前に米谷ガバナーを、一昨年には石丸ガバナーを輩出し、昨年は創立30周年事業を大成功させた
クラブである。
本年度は我クラブ独自の伝統を守りつつ、最近入会した多くの若手会員の行動力とベテラン会員の経験と知恵を結集し、クラブの更なる発展と会員相互の絆を太くするクラブ運営を行う。」
です。
・行動計画
 委員会の活動については、委員長だけで頑張らずに、みんなでやれば、仲良くなれると思います。また、それぞれの委員会の活動を写真などでみんなで見て、感動を共有したいと思います。
 また、内藤委員長にお願いして、会員世代交流委員会を新設しました。若い会員も増えておりますので、世代を超えた会員交流に挑戦したいと思います。
 「にこにこ」は幸せのおすそわけなので、宜しくお願いします。
・会員増強については
 会員増強を図って、80人体制を目指したいと思います。
 また私の個人の意見だけども、シャイな男性会員もいると思いますし、(少なくとも今年度は、)本会は男子だけのRCクラブであるべきと考えています。

 いろいろお話しましたが、1年間、宜しくお願いいたします。

posted by minami at 17:45| なんでもかんでも愉しもう

2014年06月18日

6月16日の例会

ポールハリスフェローの認証状とバッジが届きました。
今回は新会員の4名の方々です。
おめでとうございます!!

DSCF2503.JPG

DSCF2505.JPG

DSCF2506.JPG

DSCF2507.JPG


卓話は 園田女子大学名誉教授の田辺眞人さんに
「黒田官兵衛」Part2 としてお話していただきました。
テレビのドラマと並行して、面白いお話が楽しめました。

DSCF2512.JPG

本日のエコ標語

DSCF2509.JPG
posted by minami at 16:52| なんでもかんでも愉しもう

2014年06月12日

6月9日の例会

給゚藤亭代表取締役で日本ソムリエ協会認定シニアソムリエでもある近藤弘康さんに「料理とワインのマリアージュ」というタイトルで下記のようなお話をしていただきました。

DSCF0417.JPG

普段はソムリエの金バッジをしていますが、本日は真珠のバッジをしてまいりました。これは神戸は真珠の街またはワインの街といってもらえるようにという意味です。
 日本ではまだまだワインの消費は伸びておらず、一人当たり年間3ℓ程度に対しフランスは46ℓです。 今、世界的にロゼブームです。6月27日には神戸ワインのロゼも発売されます。以前あったロゼは赤ワインと白ワインを混ぜただけでしたが、本来の赤ワインを作る途中で皮と種を取り除き、白ワインのように発行させて作ったものです。赤ワインは海外のブドウに勝てないので、まだ手つかずのロゼで勝負をすると可能性はあると思います。

 本日は料理とワインの組み合わせでどのようになっていくかというお話をさせていただきます。  
@同調(相乗効果)
例えば、色の濃さは風味の濃さと考えれば、白い肉と白ワイン、赤身の肉と赤ワイン。白身魚なら白ワイン、でも中間色のソースならロゼワインと合わせてみるなどがある。
また「風味」や「香り」が似ているものを合わせることで自然な食事を感じられる組み合わせ。
「キノコと赤ワイン」
お互いに土や木の香りなどを持つキノコと熟成した赤ワインが良く合います。
「肉の煮込み料理(羊や内臓料理など)」
スパイシーをきかせた肉煮込みとスパイシーな風味の赤ワイン。
「燻製肉と赤ワイン」
香ばしいロースト香の燻製と樽香のしっかりした赤ワイン。
「エスニック料理とバラやライチの香りの品種ゲヴュルツトラミネール」
辛味や臭みと華やかなアロマの混じり具合がいい。
A共鳴
ワインと料理を組み合わせることではじめて感じられる、それぞれの単独では感じえなかった味わいが感じられる組み合わせ。
「フォアグラとソーテルヌ(甘口ワイン)」
「ブルーチーズと赤ワイン(甘口白ワインも合う)」
B引き立てる
ワインが料理を引き立てて、食事がよりいっそうおいしくなる組み合わせ。
「秋鮭のマリネと辛口白ワイン」(シャルドネ等)
「焼き魚と柑橘系白ワイン」(ソーヴィニヨン・ブラン等)
「秋刀魚と軽めの赤ワイン」(ガメイ、サンジョベーゼ等)
C脂を流す、くさみを消す。
料理の脂肪分(くどさ)をワインが洗い流し、口中をさっぱりさせる効果。
「鳥系ジビエ(キジなど)と熟成赤ワイン」
「キャビアとシャンパン」
もっとも大切なのは、ワインも料理も、自分が好きなものを選ぶこと。
細かいルールに捉われすぎず、好きなものをどんどん組み合わせてみてください。

神戸ワインを含め日本のワインもレベルアップしていますので、みなさんぜひお飲みいただきたいと思います。
posted by minami at 18:03| なんでもかんでも愉しもう

2014年05月28日

ロータリー東日本震災復興基金補助金プロジェクト報告


2014年4月17日(木)に仙台青葉RCの仲介により長靴7,399足を宮城県漁業協同組合へ贈呈しました。

2010-11年度義捐金募金の使途が決まらず凍結したままになっていたのですが、西村会員の大口の追加募金を足してクラブ持ち出し資金とし補助金を申請したところロータリー 東日本震災復興基金から補助金を認められ総額7,399,000円の復興事業プロジェクトを行うことが出来ました。
ちょうど新年度スタート時期と消費税アップの関係で運輸関係が満杯状態で大変な状況でしたが、これも西村会員のご尽力のお蔭で、無事に送り届けることが出来ました。

長靴寄贈記事.pdf

【感謝のご挨拶】
  本日は神戸南ロータリークラブ様より多大なる漁業支援物資を賜り被災地漁協にとって大変ありがたく、被災民にもこの上ない励ましとなりました。ここに改めた組合員一同、心より厚くお礼を申し上げます。
  2011年3月11日に発災した東日本大震災は未曽有の災禍をもたらし、町内1,151戸中、全壊流出535戸、半壊79戸、一部損壊304戸と、被害家屋総数は」918戸と実に80%に達し、死者行方不明者300名にも上り、いまだ90名の町民が家族のもとに帰っておらず、うち50名は十三浜漁協組合の家族であります。
  十三浜地区の基幹産業である漁業被害は甚大で壊滅状態となり、とりわけ養殖施設は何一つ残っておりませんでした。陸上の施設は倉庫、作業所、冷凍庫、漁具、フォークリフト、車両、機材はすべて流出しました。漁船は約400近い隻数のうち、沖出しで助かった60数隻のみでありました。
  しかしながら幸いにも全国から心温まるご支援を頂き、漁業の生産活動は養殖若布、昆布が100%復活できましたが、初期投資の大きなホタテの復活は50%止まりとなっております。このホタテ分野の復活が当面の大きな課題となっております。  (中略)
  本日ははるばる神戸南ロータリークラブ様からの多大なる復興支援物資をご恵贈賜り、この地に暮らす被災民一同深く大きな愛に感謝し乍一日も早い復興に邁進いたしますことをお誓い申し上げて感謝の挨拶といたします。本日は誠に有難うございました。
   平成26年4月17日
   宮城県漁業協同組合北上町十三浜支所
   運営委員長 佐藤 清吾
posted by minami at 16:08| なんでもかんでも愉しもう

2014年04月16日

4月14日 創立30周年記念例会

友好クラブである千歳ロータリークラブの川端会長ご夫妻にもご出席いただき
元会員9名の皆様方とも一緒に、創立30周年記念例会・懇親会を第一楼にて開催いたしました。

30周年特別委員長 中村 直正さん挨拶

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_015 (640x425).jpg

皆さん神戸南ロータリークラブ創立30周年式典及び祝賀会にご出席ありがとうございます。今日は友好クラブの千歳ロータリークラブの川端会長ご夫妻も出席いただきありがとうございます。神戸南ロータリークラブの現在正会員77名の内、チャーターメンバーは11名です。多くの先輩方のご尽力で記念すべき30周年を迎える事が出来ました。
皆さんで美味しい料理を楽しみながらお祝いをいたしましょう。

細谷 俊雄会長挨拶

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_021 (640x425).jpg

本日は創立30周年記念式典及び祝賀会を第一楼を会場にして行ったところ、北海道の千歳RCの川端会長ご夫妻や元メンバーの方々や、多くのメンバーのお集まり頂きありがとうございます。
また、30周年特別委員会の方々の企画・運営に感謝を申し上げます。
神戸南RCは1984年に神戸RCを親クラブとして誕生し、私自身も当時39歳でチャーターメンバーとして会員になりました。それから30年、兵庫県で5番目の77名を擁するクラブとなっております。神戸南RCは他のクラブから「楽しそうなクラブ」、「愉快なクラブ」、「仲が良いクラブ」などと様々な印象をもたれているようです。しかし、この他にはないユニークさと行動力が当クラブの運営力となっていると思います。
30周年を迎えた今年度は、委員会活動がロータリーの実践と位置づけ、さまざまな奉仕活動事業をメンバーの皆さんの尽力で行う事ができました。これからも更にメンバー間の親睦を深め、奉仕の心を持って地域社会や国際分野でもロータリー活動を行い、それを踏まえて社会に貢献できるように歩んで行きましょう。

司会 中野 友史会員

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_008 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_039 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_042 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_046 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_056 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_060 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_065 (425x640).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_080 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_083 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_088 (640x425) (2).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_090 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_095 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_099 (640x425) (2).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_103 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_110 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_114 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_117 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_119 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_123 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_125 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_130 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_131 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_138 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_159 (425x640).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_163 (425x640).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_142 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_152 (640x425).jpg

神戸南RC30周年記念式典&祝賀_004 (640x425).jpg


posted by minami at 15:20| なんでもかんでも愉しもう