2014年07月10日

7月7日の例会

DSC05342.JPG

DSC05344.JPG

団秀和会長のご挨拶

DSC05345.JPG

・私のロータリー歴
 98-99年度 15年前、42歳のときに入会し、00-01年度に広報会報委員長を務めました。07-08年度の中右会長のとき、幹事を務め、12-13年度に、副会長予定者が退会のため、急遽、副会長に、そして、本年度、会長を務めます。
 会長を務めるのが「奉仕」だと思いますので、お声がかかりましたら、宜しくお願いします。
・私にとってRCはファミリーです。
 まず、本会には41歳から82歳まで幅広い会員がいますので、人生の先輩の姿を見て、将来の自分の姿を想像し、「今」何をすべきか考えることができる場となっています。
 次に、会社の継続的な繁栄のためには、自分も変わらなければなりませんが、本会は、有能な魅力ある友人と出会い、自分が成長できる場となっています。
 そして、仕事のことを忘れて、ホッとできる場にもなっています。
・我がクラブの現状分析
 本会は41歳から82歳で構成されており、平均年齢は59歳とバランス良く分布しています。
 ところで、皆さんは、会員のことをどのくらいご存じでしょうか?会員同士、知っているようであまり知らないのではないでしょうか。
 私が、会員の方と親しくなったのは、例えば、委員会事業に参加して、移動にバスを使ったときのミニバスツアーであったり、少人数の会食での卓話会であったり、地区大会での過酷な委員会事業でした。
・今年のテーマ
 以上を踏まえ、41歳から82歳が共通にできることを考えようと、今年度のテーマは、
「見つめよう 我がクラブ」
 基本方針は、
「世代を超えた 輝きを!」
としました。また、方針は、
「我が神戸南ロータリークラブは40歳から82歳の会員でバランスよく構成されている元気で個性的なクラブである。
また15年前に米谷ガバナーを、一昨年には石丸ガバナーを輩出し、昨年は創立30周年事業を大成功させた
クラブである。
本年度は我クラブ独自の伝統を守りつつ、最近入会した多くの若手会員の行動力とベテラン会員の経験と知恵を結集し、クラブの更なる発展と会員相互の絆を太くするクラブ運営を行う。」
です。
・行動計画
 委員会の活動については、委員長だけで頑張らずに、みんなでやれば、仲良くなれると思います。また、それぞれの委員会の活動を写真などでみんなで見て、感動を共有したいと思います。
 また、内藤委員長にお願いして、会員世代交流委員会を新設しました。若い会員も増えておりますので、世代を超えた会員交流に挑戦したいと思います。
 「にこにこ」は幸せのおすそわけなので、宜しくお願いします。
・会員増強については
 会員増強を図って、80人体制を目指したいと思います。
 また私の個人の意見だけども、シャイな男性会員もいると思いますし、(少なくとも今年度は、)本会は男子だけのRCクラブであるべきと考えています。

 いろいろお話しましたが、1年間、宜しくお願いいたします。

posted by minami at 17:45| なんでもかんでも愉しもう